角田美英先生の「美肌づくりと黒いしなやかな”まつ毛”はサイエンスで育てよう ♪」

kakuta1

まずは、働く準備をしてみる!

もう一度働く準備をはじめるか、どうか、そのことから悩んではいませんか?答えは一つです。まずは、「準備をしてみる」です。してみないと、働くことの覚悟が決まりませんから。やはり、覚悟は要ります。やるとなると、多くの人の手助けを受けることもありますから、簡単にはできません。大事なことは、大変だから働くのを辞める、のか、大変を少しでも軽くするための努力をしてみるのか、という「決め」です。

人生には「大変」がいっぱい

おススメはやっぱり、「大変を軽くするための努力をしてみる」です。人生には、「大変」が「いっぱい」あります。それをすべて逃げ切れるわけはないのです。「軽くするためのノウハウ」を身につけるためには、経験してみるしかないのです。でもね・・・心を決めるには何か刺激がないと、重くなりすぎた腰は、動きませんよね。

美英先生の睫毛はとってもキレイ!

お子さんがいると、なかなか「ネイル」で気分転換、というわけには。そこで、メイクをプチリフレッシュしましょう。テーマは2つです。①しあわせオーラ肌をつくる②まつ毛育毛で、目元をキラキラにする。今回は、東京都世田谷区成城にある「かくた皮膚科クリニック」医院長、角田美英(ミエ)先生にお話を伺いました。実は、私HANAも診療をうけておりまして・・・。美英先生のまつ毛はスゴ~ク長くて、きれいなんです。
その秘密も伺いましたよ。

しあわせオーラ肌は高分子保湿剤でつくられる

Hana:先生、美しい肌って、どんなお肌なのでしょうか?
美英先生:美しい肌は水分が保たれていること。角質層の水分と皮脂のバランスがよいこと。シミ・くすみがないことですね。
Hana:やっぱり、水分なんですね。スキンケアにもちゃんとこだわらないと・・・。
美英先生:水分を保つためにスキンケアで大事なのは、保湿剤が高分子なものであることです。スキンケアをお選びになるときには、イメージだけではなく、お肌をサイエンスで考えてみることも大切なんです。
Hana:サイエンスというと、少し難しく感じますが、私たちのまわりには、意外に専門用語のようなものが多いですよね。たとえば、保湿剤というとヒアルロン酸は代表格ですが、保湿剤の中に、高分子と低分子のものがあるなんて、はじめて知りました。
美英先生:はい、そうでしょうね。ヒアルロン酸で考えてみましょう。低分子のほうが、お肌(角質層)に浸透すると考えがちです。それはそのとおりです。ですが、水分の蒸発時間が早いので、潤った時間の継続が短いともいえます。高分子は、角質層への浸透力は低いのですが、角質層に長時間とどまって、継続して保湿します。その結果、表面のしっとり感が長続きします。どちらがよいということではありませんが、肌の状態の変化に応じて、スキンケアを選ぶことが大切です。最初に高分子をお勧めしたのは、働く女性のお肌の水分量を保つためには、「継続時間」が決め手になるからです。

サイエンスでスリムなお肌づくりを

Hana:なるほど!知っておきたいお肌のサイエンスですね。考え方がとってもスリムで合理的で、素敵です!なんだか、とっても「できる女性風」な感じがしてきました。
美英先生:まぁ、それはよかった。(笑)ですが、基本は、「肌の生まれ変わりのリズムを整える」こと、新陳代謝を正常にしておくことが大切です。お肌は、生活習慣、食生活、血行、紫外線、時候などの外的ストレスと精神的な内的ストレスによる刺激と戦っています。これらの刺激から守るためのバリア機能を低下させないために、お肌の新陳代謝を正常化することが必要です。言い換えると、新陳代謝が正常化していれば、きれいな角質層に水分を蓄積することができるので、バリア機能が高まるということでもあります。
Hana:新陳代謝を正常化しておけば、刺激に負けない、打たれ強い肌になるということですね。(笑)働きだすと、お家の中の環境、職場の環境、お子さんの送り迎えの環境などが変わってくるので、刺激がいっぱいです。新陳代謝の正常化+高分子保湿剤という考え方でバリア機能を高めることが大事だということですね。
しあわせオーラ肌になるためには、お肌のサイエンスも勉強しなくては!
美英先生:そうですね。女性がお仕事をはじめるためには、バリア機能を高める準備からはじめることが大切です。角質ケアを「毎日」のスキンケアにしておくといいですね。

大人気のタカミスキンピールを使ってみました!

takami01

Hana: きれいな角質、つまり、きれいな毛穴だから、くすみのない「しあわせオーラ肌」になるということですね。自分を大切にしながら、サイエンスを身にまとった肌づくりをしている証でしょうか。なんだか、カッコいいなぁ。自分を大切にできるって。ファンデーションを塗ったときに、「私、輝いてる」って感じられる気がします。ちなみに、私も角質ケアをはじめています。大人気のタカミスキンピールを使っています。モデルさんや女優さんが使っていて、人気なんです。しかもドクターズコスメなので、なんとなく安心できて・・・・ただいま、お肌すべすべです。(笑)

セラミドでしあわせオーラ肌をスピードアップ

05_essence_CR_20ml美英先生:素敵なスキンケア習慣ですね。しあわせオーラ肌になるために、もう一つおススメなのは、セラミドです。セラミドは、角層細胞どうしのすき間を満たし、細胞どうしや水分をつなぎとめる、肌の必須成分です。セラミドが無くなると、乾燥したり、肌のバリア機能が低下します。セラミドは、肌の奥から生まれてきますが、洗顔などで洗浄料と一緒に流れ出してしまいます。最近では、セラミドをメインにしたスキンケアも多くなってきました。
Hana:そうですか。セラミドは大事なんですね。でも、なんだか高額スキンケアなのでは?
美英先生:どうかな・・・「curel」というスキンケア商品は、セラミドケアに特化したものですが、ドラッグストアでも見かけるので、購入しやすい価格帯ではないでしょうか。
Hana:そういえば、この商品はよく見かけます。セラミドって大事なんですね。また、勉強になりました。以前、タカミの「エッセンスCR」という、肌荒れのときに使うと効果感が高いという製品のサンプルをもらったのですが、確かにお肌はとってもいい感じでした。セラミド配合と書いてありましたよ。実は、継続購入しております!

トラブル肌との向き合い方

美英先生:セラミドは、肌トラブルの多い方にはおススメです。私どものクリニックでは、「アクセーヌ」という低刺激性・無香料のスキンケア製品を紹介しています。トラブル肌の皮膚科治療を補助するシステムとして生まれたスキンケアです。もちろん、セラミドが入った製品もあります。お仕事をはじめることで変化する生活環境やストレスによって発生する肌トラブルにもお役にたつと思います。
Hana: なるほど、皮膚科治療と結びついたスキンケアということですね。やっぱり、美肌はシンプルにサイエンスで考えることが大切だと感じました。スキンケア、一斉に全部、変えてみようかな?

生理中の切替は避けよう!

美英先生:まぁ、すごいですね。でも、注意して欲しいことがあります。まず、生理の前や途中での、新しいスキンケアの使用は避けておきましょう。それと、ローション、乳液、クリームなどを変えるときには、一度に全部を変えるのではなく、3日で1つを試しながら、切り替えていきましょう。そうすれば、何が、肌に合わなかったのかを特定することもできますから。スキンケアの新しい瓶の封を切るときは、とっても気持ちがよいと思うのですが、お肌と向き合いながら、お肌の感触を確かめながら、進めましょう。
Hana:わかりました。やっぱり、お肌のことは皮膚科の先生に教えていただくと安心します。

黒くてしなやかなキレイな睫毛が欲しい!

kakuta2Hana:ところで、先生のまつ毛は、本当に長くてきれいですよね。何か、秘訣があるのですか?
Hana:えっ?先生、論文をお書きになっているんですね!「まつ毛貧毛症治療の最前線」って、もしかして、美英先生は、まつ毛育毛の専門ドクター!!

美英先生:はい、そうですね。私の睫毛が証明です!(笑)
kakuta5Hana:本当に、黒くて、柔らかさのあるキレイなまつ毛です!いいな。
美英先生:実は、「グラッシュビスタ」という外用液剤を使っています。エクステンションをなさる方のトラブルはニュースになるほど、多くなっています。やはり、まつ毛は「育てる」が一番です。目の周りですから、お使いになるまつ毛育毛剤は、皮膚科医とご相談なさることをお勧めします。
Hana:そりゃ、そうですよね。私も、使ってみようかな。このごろ、まつ毛が短くなった気がしているんです。まつ毛が短いと、いくらマスカラで伸ばしても、目元の印象が明るくないんですよ。

まつ毛は第一印象をグッと明るくします

美英先生:そうですね。クリニックにも、多くのまつ毛育毛の患者様が来院なさいますが、「こだわり」をもっていると感じます。ご自分の印象をどうしたいのか、という意思があるということでしょうね。
Hana:はい、女性が働くうえで、第一印象はとても大事です。そりゃ、誰でも大事ですが、第一印象で、仕事への意欲や責任感が伝わると、仕事の展開が早くなります。ワークライフバランスを考えるうえでも、仕事の効率は大事です。ましてやママさんたちにとっては、時間制限はいつでも付きまといますから。
美英先生:なるほどね。私も、まつ毛育毛で女性の「もう一度働く」を応援できるということかしら。とっても、うれしいですね。
Hana:もちろんです!私も、汗が止まる秋口になったら、睫毛育毛をはじめたいと思います。先生、今日は、ありがとうございました。また、お話を聞かせてください。

<取材協力>
かくた皮膚科クリニック 院長 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医 角田美英先生
http://www.kakuta-hifuka.com/
<撮影協力>
タカミスキンピール撮影
スタジオWATT カメラマン 田中 敦巳
http://www.st-watt.co.jp/
Mamipepa写真館

kakuta1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
このページに「いいね!」

Mammy's Paperの最新情報をお届けします

【ナビゲーター】hana

マミーズペーパー編集部所属