ワーキングママKのhanasakuブログ

【日々】いってみたいな期日前投票!(2017.10.17)   【連載】<ママから起業へのストーリー208>

2017年10月17日

 本日、エネルギーを出し切りました・・・・。家には戻ったものの、バタンキュー。それでもまだ火曜日なので、夕飯準備。さすがに食欲はダウン。せっかくのサイコロステーキには手が出ず、ひたすら大根の煮物をほおばっていました。
 さらに残ったお肉でカレーまで作ってしまいました。火曜日だからできることですね。木曜日には体力的に無理です

 明日は、育児休暇明けのママさんやこれから産休に入るプレママさん、ママさん予備軍のみなさんへのセミナーです。楽しみです。

 今年は百貨店などでの期日前投票所が多く設置されているとのこと。いいですね。選挙を身近に感じられるきがします。それにしても女性候補者が増えましたね。いいことですが、何と闘っているのか、をもっともっとアピールして欲しいな。選挙に勝つことがゴールという感じも。政策というよりは、どのように政策を国政に出していけるだけの道筋を思い描いているのか、という、この点を聴きたい気がします。

 札幌コールセンターは、落ち着いた1日のようでした。ちょっと一息ですね。明日から、またまたファイトです!

 <第208回>
職場でのママの顔は、自覚と共に変わっていきます。お子さんが二人になると年齢も高くなっていくので、時短勤務時期でも、職場での役割や責任を背負うことになります。その分、顔の表情や歩き方、動き方に「仕事力」を感じさせる雰囲気が漂い始めます。私は、子どもは1人ですが、2歳くらいまではなんとなく「休みたい」「今日は早く帰りたい」という気持ちが顔に現れていました。実際に、突発休を創り出していた時期もありました。中途半端な仕事が面白くなかったことも原因ですが、単なる甘えだったと思います。「ママは大変なのよ」という言葉が口をついて出てきていました。それが、子どもが3歳ごろになり、保育園ママ友の表情に「働く女性」の気配を感じるようになって、自分への戒めになりました。年が3歳上で、外資系の会社で部長になったママさんを見て影響を受けたのです。カッコイイ、と思いました。軽いかるい刺激なのですが、心にはググッと来ました。