必読!保育園に預けるママさんにインタビュー!

%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%85%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

ぽこころ保育園にお子さんを預けていらっしゃる保護者の方々にインタビューさせていただきました。子どもを預ける上で悩んだことや、今後の保育士さんにどんな期待をしているかなど、たくさんお話を伺いました。

11月からの保育園申請を悩んでいるママさん!必読です!

【インタビュー1 もう一度働くスタイル】

失礼ですが、復職でしょうか?それとも「もう一度働く」(新しい勤務先)でしょうか?
(ママさんA):私は、復職ではなく、もう一度働く道を選択しました。元々出版社で働いており、書籍の校閲・校正の業務に携わっていました。この経験を活かし、現在はフリーランスで働いております。

hana:保育園に預ける前は在宅で仕事をする機会はおありでしたか?
(ママさんA)そうですね。今でも大体在宅が6割、会社に出向いて仕事をする場合で4割ぐらいのペースで働いています。

(ママさんB):私も復職ではなく、もう一度働く道を選びました。社会に出てから結婚するまでは演劇や音楽関係の仕事を中心に、スケジュールの融通が利くアルバイト等をしていましたが、結婚を機に芸能事務所のマネージャーに転職しました。妊娠した際、今後アーティスト中心の生活スタイルでは、仕事と育児のバランスがとりづらいと考え、退職を決意しました。
出産後しばらくは育児に専念するつもりでおりましたが、実際専業主婦になってみて、経済的にもやはりまた働かねばという思いが強まり、子育てしながら働ける環境を探そうとマザーズハローワークに通いました。そこで紹介された会社の面接を受けて内定も頂きましたが、その頃たまたま近所のスーパーで手にした求人誌に今の職場の募集が出ており、以前から知的障害者施設の仕事にも興味を持っていたので、そちらも面接を受けました。面接して頂いた施設長の人柄に惹かれたのと、近所で働ける!という理由から内定していた会社を辞退し、未経験ながら知的障害者施設の生活支援員として働くことを決めました。

hana:未経験の仕事に対して不安はありませんでしたか?
(ママさんB):不安よりも、新鮮な気持ちで取り組めています。過去は振り返らずに(笑)。
私自身も、これまでさまざまな仕事に携わってきたので、あまり抵抗感はなかったですね。

hana:凄いですね!ちなみにマザーズハローワークではどんなことを教わりましたか?
(ママさんB):履歴書の書き方から面接まで、細かく教えて頂きました。例えば、今まで少しでも経験したことがあれば、職務経歴書に記入した方が良いなど、たくさんアドバイスをもらいました。未経験の職種に就職したい場合の面接の仕方なども、参考になりましたね。何より、子どもを預けて相談できるというのは非常にありがたい環境だと思います。

先輩ママから得た教訓①
・何が大事なのかを考えながら、「働くスタイル」を考える!
・「もう一度働く」ことは、新しい自分を見つけるチャンスでもある!
・マザーズハローワークは相談が親身だ。子どもを連れて行けるのは、外出練習にもなる!

【インタビュー2  保育園に預ける準備】

保育園にあずける準備は計画的に進みましたか?それとも申請時期などでお悩みになったことはおありになりますか?

(ママさんA):私は、すぐに復職しようとは考えず、子どもが2歳になったときに復職を決意しました。理由は、子どもが日々成長していく中で、私も息子に負けないように頑張ろうと決意したのがきっかけです。
今までの経験を活かして、フリーランスで校正に特化した仕事をしたいと考えていました。実際に就職活動を始めたのが夏頃からで、それと並行して保育園など預けられるところを探しました。
まずWebで見て、気になった保育園には問い合わせもしました。4月に復職しないといけないという縛りはなかったので申請時期に関して悩むことはありませんでした。しかし、収入などの安定性から、福利厚生のある会社で働いた方がよいと家族に言われ悩みましたが、やはり子育てと仕事を会社勤めで両立させる自信がもてなかったので、フリーランスとして出来る仕事を探していました。
最初は無認可保育園に週3回くらいのペースで一カ月預けて、仕事探しをしましたが、月曜から金曜まで1日最低5時間ぐらい働く時間を確保していないと仕事は貰えないということもよく分かりました。好きな時に、好きな時間だけ働くという考えでは、仕事も貰えなくなってしまうことに気づきました。
そうすると無認可ではなく、保育園に預けた方がよいと思い、秋頃になる頃には港区の保育園を探し始めました。区の方に相談したら、たまたま家の近所に新設で保育園ができるという情報を知り、申請を出しました。ただ区の方からは対象となる1歳児クラスは希望者が多いと聞きましたが、なんとか申請が下りました。
フリーランスとして校正会社へ出勤して、仕事をするという形を3・4ヶ月続けましたが、会社からは在宅勤務を提案されました。やはり、子どもを抱えていると月に一度は風邪や体調不良が理由で急に休むことあるので、会社側も段取りが組めなくなることを懸念したのだと思います。それ以降は完全に在宅に移行し、仕事と並行して、在宅の範囲内でできる仕事を探すために、履歴書を送っては面接を受ける日々を過ごしていました。

%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%851

(ママさんB):私は保育園探しには苦労しました。妊娠中は、前の職場が激務だったこともあり、まずは子育ての時間を優先して、次の仕事探しは状況に応じて考えようとのんびり構えていたのですが、一方で、保育園の待機児童問題に対して漠然とした不安感もあって退職後の7月頃から認可保育園の見学に数カ所出かけたりもしていました。その際、現時点では無職だという話をすると、保育園の先生方から「求職中ですか、それだと入園はちょっと厳しいかも・・・」という反応が返ってくることが多かったので、今自分が置かれている状況で認可保育園に入るのはまず無理だな、ということを感じ取りました。でもまだその時点では認証や無認可保育園は保育料が高いというイメージが強く、子どもの預け先の選択肢としてあまりピンときていませんでした。

そういった経緯や、当時夫が舞台関係の仕事をしていて収入に波があったこともあり、私自身も再就職に対しての意識がだんだんと高まっていったのですが、そこで職探しと保育園探し、どちらを先にすれば良いのか?という壁にぶつかりました。まさに鶏が先か?卵が先か?という悩みでストレスが溜まっていた時、マザーズハローワークの方に相談したところ、「まずは子どもの預け先を確保すること」と言われました。それで遅ればせながら年明けになって、認可に限らず、認証や無認可の保育園を必死であたったり、託児所付きの会社を探して面接を受けたりと、保育園探しと就職活動を同時並行で進めていました。

(ママさんA):保育園も探している、仕事も探しているという人が一番大変ですよね。その時になって出産を理由に会社を辞めるという判断が、如何に大きな決断だったかがよく分かりましたね。

(ママさんB):私も保育園探しに苦労して、初めて仕事を辞めたことの影響力を痛感しました。本格的に動き出した時点では、キャンセル待ちが何十件というところがたくさんありましたが、そんな中、2月のギリギリのタイミングでぽこころ保育園と出会いました(笑)。
決まっていた方が転勤でキャンセルになり、その空いた枠に滑り込みで入れて頂きました。

hana:本当にご縁があったんですね・・・。すごい(笑)

先輩ママから得た教訓②
・好きな時に、好きな時間だけ働くという考え方では、仕事場で必要とされなくなる!
・福利厚生のある会社に勤めるためには、会社側の仕事の段取りを理解する必要がある!
・勤務先と保育園選びは同時にはじまるが、まずは保育園選びを先行させる!
・出産後、会社を辞めるという判断は、思っている以上に大きな決断となって、その後の生き方、働き方に大きな影響を及ぼす!

【インタビュー3 保育園の選び方】

ぽこころ保育園を選んだ理由はどのようなことでしょうか?

(ママさんA):最初は港区の保育園に子どもを預けていたのですが、もう少し都心から離れた場所に引っ越したいと思い、世田谷区の保育園を探し始めました。去年の10月になるのですが認可の保育園では、彼の年齢だと預かって貰えるところがなかったので、当時認証保育園だったぽこころ保育園に問い合わせをしました。
4月になると認可の保育園になると伺ったので、急遽世田谷に引っ越しました(笑)。
見学に伺った時も、息子も楽しそうにしていたのでここに預けようと決意しました。

(ママさんB):私は最終的に、ぽこころの他にもう1つ無認可の保育所を候補に見つけていたのですが、保育内容や雰囲気、通いやすさ、料金などを比較して、認証のぽこころ保育園を選びました。あとは私の父親が元NTT勤務だったこともあり、ぽこころはテルウェル東日本が運営していることを伝えたら、積極的に賛同して貰えたのも理由です。

先輩ママから得た教訓③
・見学会は必ず行く!子どもの反応が決め手になる!
・保育園経営のバックボーンを確認しておく!信頼できる組織であることが大事!

【インタビュー4 保育士さんへの期待】

保育士さんに期待することはどのようなことでしょうか?
(ママさんA):子どものいい面も悪い面も観察してほしいなと思ってます。何かあっても普通に話をしてくれたり、雑談でも構わないので話して下さると嬉しいです。

(ママさんB):過酷なお仕事なのは十分理解しているので、いい加減にやって欲しいなと思っています。

hana:「いい加減」ではなく「良い加減」ということですね。

(ママさんB):そうですね。私自身も福祉の仕事に携わるようになって感じているのですが、献身的になりすぎて保育園さんの方が疲れてしまっては、子どもにとってもあまり良い影響にはならない気がします。一生懸命でいて下さるのは、本当に有難いことですけれど、プライベートも充実できるようなゆとりをもって、「ゆたか」に働いて頂けたらと思います。

(ママさんA):本当に思い詰めて辞めてしまったりすると、親としては不安なんですよね。子どもを預ける側としては、できる限り一人の先生に長く見て頂きたいというのが本音なので・・・。できれば、先生も「ご自宅ではこの部分をフォローして下さいね」くらいのことを保護者に伝えても良いと思います。預けながらこんなこと言ってますが、抱え込まないでほしいなというのが本音ですね。

先輩ママから得た教訓④
・保育士さんとは子育てをシェアするような思いで預けたい!
・思いつめた保育士さんが多いと、辞めてしまうので困る!できるだけ一人の保育士に見てもらいたい!
・子どもの良い面、悪い面を観察して、保護者に気兼ねなく話してほしい!

【インタビュー5 食育について】

食育についてはどのような期待をお持ちですか?
(ママさんA):試食で食べたんですけど、大人から見ても美味しいですね(笑)これ食べ続けたら家でごはん食べなくなってしまうのでは?と思うくらい。

(ママさんB):家庭では時短の為に加工品を使ったり、メニューがパターン化しがちだったりして味覚が偏ってしまうかなと思っていたんです。でも、保育園で丁寧に作られたバラエティに富んだ給食を出して頂けるので、好き嫌いなく良く食べる子に育っています!

先輩ママから得た教訓⑤
・好き嫌いのない子になるのはとてもありがたい!
・試食会に参加して、子どもの1日の食生活を考えてみる!
・食へのこだわりは、家ではできないこともあるのでうれしい!

【インタビュー6 預けてよかったと思うこと】

保育園にお預けになって、「良かった」とお感じになることはどのようなことでしょうか? ①お子さんの変化と②働くことについて、お話し下さい。

(ママさんA):子どもの変化だと、親以外の大人と出会ったこと、同年代の子供達と仲良くなることで精神的にも大人になり良かったと思います。働くことに関しては、きっちり時間が確保でき、子どもがいることでオンとオフの切り替えができるようになったことです。

(ママさんB):一人っ子ですし、他の年齢のお子さんとも交流がある環境は本当に良かったと思っています。あとは季節を感じられるイベントがたくさんあるので、その体験が色々なことに興味を持てるきっかけとなっているように感じます。働くことに関しては、忙しいながらも生活リズムが作りやすくなったと思います。お迎えのタイムリミットがあることで、「時間内に終わらせるぞ!」という意識が働き、仕事に集中できています。

先輩ママから得た教訓⑥
・保育園に預けることで、子ども自身も多くの経験をすることができ、精神的にも成長していることが実感できる!
・仕事と家庭の切替ができ、生活のリズムが良くなる!

【インタビュー7 保育園に期待すること】

今後、ぽぽころ保育園に期待することはありますか?
(ママさんA):先ほども話しましたが、できるかぎり同じ先生に長く見て貰いたいことですね。担任以外の先生達も子どもの名前を覚えて頂けるので、そういった先生達が長く働けるような環境を作って頂きたいと思います。

(ママさんB):私は子どもが大きくなるにつれて、活動範囲が広がると思うので外遊びができるスペースをもう少し大きくして頂けると嬉しいなと思っています。あとは最初に見学に行った時、アットホームな感じに魅力を感じたので、その雰囲気をなくさずにいて欲しいなと思います。

先輩ママから得た教訓⑦
・できるだけ同じ先生に見てもらいたい!保育士の働く環境整備も経営側で検討して欲しい。
・アットホームな雰囲気を大事にして欲しい!
・外遊びのスペースを大きくして欲しい!

【インタビュー8 ご家族の協力】

ご家族はママが働くことに協力的ですか?

(ママさんA):うちは働くことに関しては、そんなに否定的ではないですね。ただ私が場あたり的な決断や判断をしそうなときはしっかり指摘をします。「規模も大きくて福利厚生もしっかりとしている会社の方が子育てをしながら働けるのでは?万が一僕が仕事できなくなったらどうする?フリーで働くとはそういうリスクと向き合うってことだからね」と。否定ではなくあくまで指摘ですが、あえて厳しく言われることで、フリーランスで働くことのメリット・デメリットを自覚できた気がします。

(ママさんB):うちの夫も仕事には理解がある方だと思います。ただ今単身赴任なので、なかなか育児を手伝って貰える環境ではないですが、困った時には良き相談相手となって可能な限り力を貸してくれますし、私がキャパオーバーになっている際には冷静にストップをかけてくれます。それから同じ区内に住んでいる私の両親も心強いサポーターです。

先輩ママから得た教訓⑧
・家族の協力は、「何をして助けてくれる」というよりは、「何を今、すべきなのか、これから発生する可能性のあるリスクはどのようなことなのか?」を一緒に考え、向かい合う関係であることが基本。

【インタビュー9 悩むママへ】

今、働くことに悩んでいるママさんにメッセージをいただけますか?

222%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%85

(ママさんB):働きたいと思っているなら、早速保育園探しをスタートしてみては?というのが私の意見です。悩むことって結構なストレスじゃないですか。実際に動き始めると、きっと悩んでいる暇もなくなるぐらい忙しくなるけれど、動いただけの結果が表れてくると思います。今は子育てに専念したいという気持ちが強いなら、その思いを大切にしたら良いですよ。悩んでいる時って、実はもう自分の中で答えが出ていることもありますよね。

(ママさんA):まずは保育園探しと仕事探しを両方から手探りでよいので始めたほうが良いと思います。それで、やってみて辛くなったら無理をせずまた考えればいい、という感じですね。あとは今まで自分の人生の中で未経験なことに挑戦できるチャンスかも!と思えれば乗り越えられるような気がします。

(ママさんB):悩んでいる時点で既に一歩前に歩き出しているので、あとは進むしかないと思います!!(笑)

hana:それくらいシンプルに考えることが大切なんですね。

先輩ママから得た教訓⑨
・悩むこと自体が、自分の中で何かが動き出している証。あとは、進むのみ!
・なやむことはストレス。まずは、預けてみる(動いてみる)ことから!
・出産も、預けることも、子育てしながら働くことも「未経験」なことへの挑戦。
まずは、挑戦してみなければわからない!

編集後記

保育園を探すか、仕事を探すのか、あるいは復職をするか、今回のインタビューを通じて実に難しい問題だと痛感しました。鶏が先か?卵が先か?という状況が働くことに悩んでいるママさんの大きな壁なのですね。
悩んでいる時点で「はじめての経験」に挑戦しているのだから、とにかく進むしかない!とシンプルに考えることがこの壁を乗り越えるポイントだとお二方はお話しくださいました。この壁が仕事では得られない貴重な経験だと思えることが大切だなと思います。仮にこの選択に失敗してもまた一からやりなおそう!と思えるアクティブさが重要ですね。
女性の一生は、初潮にはじまり、結婚による改姓、出産、育児、と「はじめて」づくしです。女性は、「はじめてに強い」のです。進むことも、とまることも、楽しみながらチャレンジしましょう。

お二人のママさん、ご協力、ありがとうございました!これからの充実した毎日のお話をまた、お聞かせください!

%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%85%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Mammy's Paperの最新情報をお届けします

【ナビゲーター】hana

マミーズペーパー編集部所属