Mammy's paper(マミーズペーパー)の「記事」

【学習の進め方】
 この講座では、基本的な「ターニングポイントマネジメント」のメソッドを8回にわたって解説していきます。毎回、実例を挙げながら理解を進めていきますので、楽しく読み進めてください。今回の事例は、「ターニングポイントは風の中で」の著者である石川かおるのターニングポイント経験談です。ドラマのようなストーリーを読みながら、なりたい自分を考える時間にしましょう。

第二回テーマ:ターニングポイントマネジメントとは

転機は「想いと方向性」が明確に存在すると、「種」として「発芽に向けて」育ちはじめます。種が「良い転機をもたらす品種」であるかは、育ちながら決まるようです。つまり、「想いと方向性」を認識したときに、そのためにどのような方法や考え方で育てるのかが、品種を決めるのです。

「今までの経験やできることで種を育てよう」と考えると、勘で事足りてしまうので、知的栄養の不足にも気づかないまま、転機の種を枯らしてしまうことがあります。「今までの経験やできることで種を育てることが自分のプラスになるのか」と検討したり、「今までに経験したことのない方法を探したり、周囲のアドバイスを求める(はじめてに挑む)」ことを選択すると、いろいろな角度からゼロベースで考え、成功との因果関係を検証しながら、育て方を考えます。つまり、ロジカルに考えているので、種の育成は成功率が高まるのです。さらに、ロジカルに考えて行動することは、ゴールがイメージできるので、意欲が高まり、エネルギーに溢れます。

つまり、ロジカルに考えることが「転機の良い種」を育てることになるのです。それらの一連の行動は、「行動を変える」という大きな自己改革につながり、溢れるエネルギーは背中を押す「転機の風」を巻き起こします。そして、その風の中で、転機の種は花を咲かせ、結実します。「なりたい自分に近づく」ためのターニングポイントの実現です。結実すると種ができ、それはあなたの中の無意識ゾーンの中に息づいて、次の「想いと方向性」の存在を認識する日を待ち続けます。

これが、ターニングポイント発生のメカニズムです。変わらぬ日々の中で、大小を問わず判断を必要とする何らかの事象や問題が発生したときに、「想いと方向性」が存在すると、「転機の種」があらわれます。想いと方向性が存在しないと、「何のために」が不明瞭になるのでロジカルに考えることができないのです。

時として私たちは、「あれは運命としかいいようのない転機だった」というように言うことがあります。本当にそうでしょうか。誰も「運命」の定義をすることはできません。ですが、少なくとも「想いと方向性」によって出現する「転機の種」という仮説を心得ていると、人生に訪れる手強い問題にも「そろそろ転機の風が吹くころかもしれない」と自覚ができ、論理的に解決することができるのではないでしょうか。

ターニングポイントマネジメントとは、「想いと方向性」の存在を自分が認識した時に、
転機の種を確認し、「転機の良い種」にできるようにロジカルに課題・問題解決にチャレンジする自己管理方法のことです。
そして、ターニングポイントとは、ロジカルさと「はじめて」に挑むエネルギーをもった人だけが描くことができるライフストーリーのsubtitlesなのです。

変わらぬ日々だったはずが

「変わらぬ日々」というのは、簡単に言うと「判断を必要とする事象・問題が発生しな
い日々」という意味です。私たちは、「自分は穏やかな日々を過ごしていて、何も問題がない」と思いたがります。ですが人生における事実は「判断を必要とする事象・問題は発生していない、と思い込んでいる日々」もしくは「気づいていない日々」であることをうすうすとは気づきながらも、認めていないというだけのことです。

「もっと早く気づいていればこんなことには」という他者の言葉を他人事のように聞き流しているのかもしれません。「自分だけは大丈夫」と思いたいのかもしれません。まさに勤務先の専務のお力添えで、社内コミュニケーションの失敗にも気づかず、好き勝手に仕事をさせていただき、奇跡のような経験をすることができたことにも気づいていなかった私もその一人です。私にとっては「変わらぬ日々」であり、「稼ぐための日々」に過ぎませんでした。

その当時の仕事ぶりを思い出してみました。もちろん嫌なことはいっぱいありました。それでも子どもを保育園に預けて働くということは生活費を稼ぐという目的以外にもかすかな喜びがありました。一人で外に出てランチをしたり、本を読んだりする時間をキープできることは気分転換や家事育児のストレス発散にもなりました。そういう時間は、頭がペパーミント状態というか、スッキリ、さわやかな気分になれました。変わらぬ日々の息抜きのようなものでしょうか。

編集長
編集長
イシカワカオル 女性

コメント

コメントをするには、マミペパ会員登録する必要があります。

関連記事